ENGLISH
舞妓・お座敷ショートムービー公開中 舞妓 お座敷ゲーム
舞妓なら観光京都.ねっと
舞妓TOPサイトマップ


舞妓さんの一日

舞妓さんの365日は、大変な重労働と言われます。
置屋からお稽古場、お茶屋への往復・・・
朝は早くから起きて、まず自分で舞の稽古、朝食の後は稽古場へ向かい、お師匠さんに稽古をつけてもらいます。お囃子、お茶、茶道など、様々な稽古事があります。
稽古が終わって置屋へ帰る途中には、街のお茶屋さんにご挨拶回り、その後でやっと昼食です。
また、午後にはお座敷での会話のため、新聞、書籍などで勉強し、後に「おこしらえ」を始めます。
髪結い、お化粧、衣装の着付け・・・お座敷に入ると基本的には2時間程度ですが、一日数軒を回って帰る頃には深夜になってしまうこともあります。

プラン一覧ご利用の手引ご予約窓口お問合せ

メディア取材実績プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表示

お問合せ・ご予約は...観光京都.ねっと
TEL 0120-605-605FAX 0120-605-604EMAILinfo@kanko-kyoto.net

舞妓・京都のあれこれ


舞妓・芸妓・京都観光・祇園なら観光京都.ねっと舞妓京都のコンシェルジュサービス